料金が安い固定電話のIPフォン!安さの訳とお得な料金をチェック!|Business Manual
HOME>記事一覧>料金が安い固定電話のIPフォン!安さの訳とお得な料金をチェック!

目次

安さが魅力

固定電話というと、従来のアナログ電話をイメージする人も多いでしょうが、最近ではIPフォンの人気も高く、乗り換えを行う人も多くいます。なぜ人気なのかという、それは従来のアナログ電話と比べて、基本料金や通話料といった料金が安く済むからです。そのため現在では、IPフォンと比べると、従来のアナログ電話を使い続けるメリットがなくなってきているとも言われています。

なぜ安いのか

そもそもIPフォンとは何なのかというと、それは従来の電話回線ではなく、インターネット回線を使った電話ということになるでしょう。従来の電話回線は交換局を通しての通信だったため、距離が遠いといくつもの交換局を通ることになって、その分料金が高くなるという仕組みでした。しかしIPフォンの場合は、インターネット回線を使うため、交換局を通る必要がなく、距離が遠くても料金が同じで済むのです。

実際の通話料金

通話料金については、最近は従来のアナログ電話も値下げが行われたため安くなっており、県内区域内という近距離での通話であればIPフォンより少し高い程度で済ませることが出来ます。実際の通話料は、県内区域内の固定電話に掛ける場合は、アナログ電話が3分あたり約9円で、IPフォンは距離に関わらず3分あたり約8円です。しかしアナログ電話は、距離が遠くなるに従って通話料金も高くなるため、遠距離通話の場合はIPフォンの方がずっとお得だと言えるでしょう。

基本料金も安い

基本料金については、IPフォンの方が500円程度で、アナログ電話は1700円とされているため、3倍以上も違うと言えます。ですので、通話料金と基本料金をトータルで考えても、IPフォンの方が料金面でかなりお得になる場合が多いということが言えるでしょう。

広告募集中